酒井法子の現在!?Youtuberとして人気確立!どんな暮らしをしている

酒井法子の現在芸能人のエピソード

世間が驚いた、のりピーの覚せい剤逮捕事件から12年。そしてデビューから35周年をむかえる酒井法子さん。
介護の仕事をしたいと言っていた酒井法子さん、Youtuberになったともいわれているけど現在はどうしているのでしょう?
国民的なアイドルだった酒井法子さんの事件後の凋落と現在に至るまでを調べてみました。

酒井法子のプロフィール

<スポンサーリンク>

酒井法子さんは、日本の女優、歌手です。愛称は、のりピー。1986年にアイドルとしてデビューした後、「いただきマンモス」「うれピー」など彼女が発信するキャッチフレーズが話題になりました。

酒井法子さんのプロフィールは、以下のとおりです。

<スポンサーリンク>

・名前 酒井法子(さかいのりこ)
・本名 酒井法子(さかいのりこ)
・職業 女優、歌手
・生年月日1971年2月14日(50歳)
・出身地 福岡県福岡市
・所属 株式会社スマイル

<スポンサーリンク>

酒井法子の現在Youtuberとして人気確立

酒井法子さんは、5月1日にYouTubeのチャンネルを開設し、ユーチューバーとしてデビューしています。
.
そのチャンネルでは全国各地を訪れ、地元の人と触れ合う人気のチャンネルです。チャンネル名は、「1億のスマイル!!」ということです。

日本中の人たちの、笑顔を届けたいという思いが詰まっているのが分かりますね。実際にYouTubeを見てみると、五十歳ということですが、とても綺麗な姿が見られます。

綺麗な歌声を披露していて、魅了されます。

動画の中では、地元の物産品や企業などを紹介しています。酒井法子さんの等身大の姿が見られるということで人気になっています。

酒井法子さんは、コロナの状況の中で、自分に何ができるかと考えYouTubeを開設したそうです。

人とのふれあいを大切にし、エンターテイメントのコンテンツを提供していくということだそうです。

2021年は、酒井法子さんにとって本格的に独立する年となっています。その中で自分のオリジナルなコンテンツとしてYouTubeを開設しています。

アイドル全盛「のりピー」時代の酒井法子

1985年、酒井法子さんは14歳のときに、「ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」に出場し、サンミュージックの目に止まり、芸能界入りを果たします。

1986年のドラマ「春風一番」に出演し、女優デビューします。

そのころ、アイドルデビューをしており、当時のVHDソフト「YUPPIE」を発売しています。

美味しいをおいピー、楽しいをたのピー、いただきますを「いただきマンモス」というのりピー語も流行りました。

1987年の16歳では、「男のコになりたい」で歌手デビューをします。

アイドル全盛期の酒井法子さんの写真を見ると、まさにアイドルという感じです。当時の時代はこのようなアイドルが人気だったのが分かります。

アイドルとしてデビューし、歌手としてもデビューし、メディアにも様々なところで出ていた酒井法子さんです。

<スポンサーリンク>

問題の高相祐一氏との結婚はデキ婚だった

酒井法子さんは、1998年12月にデキ婚で、当時プロサーファーだった高相祐一氏と結婚しています。

翌年の1999年7月17日に長男をハワイで出産しています。
そして、2000年に芸能界に復帰しています。

高相祐一氏の実家は、都内有名スキーショップを運営していて、自身もウィンタースポーツの店を経営していたようです。

出会いは、テレビ番組だったみたいです。

番組で、酒井法子さんにサーフィンを教えたのがきっかけのようです。

後に覚せい剤で逮捕されるきっかけは、夫の高相祐一氏だったみたいです。

芸能人と番組で知り合い結婚することなんてあるんですね。芸能人と結婚する方法が何かあると思うとワクワクしますね。

しかし覚醒剤で逮捕する原因が夫だったというのは、衝撃です。

<スポンサーリンク>

世間を驚かせた酒井法子の覚醒剤逮捕事件一部始終

2009年8月8日に酒井法子さんは、東京都港区青山で、覚せい剤を所持していたとして、逮捕されています。

自宅には、数十本の吸引用ストローがあり、使用済みのものが複数あったため、常習的に使用していたということです。

酒井法子さんは、その前に、夫の高相祐一氏が逮捕されたときに、現場に立ち会っていましたが、その後、本人も逮捕されました。

本人の話では、2008年頃、夫にすすめられて覚せい剤を使用したとのことです。

夫の高相祐一氏が逮捕された当日から、行方不明にもなっていて、話題になっていました。

夫の高相祐一氏から覚せい剤を勧められたということでやってしまったようですが、どうして興味を持つのか理解に苦しみます。

やはり芸能界で刺激のある生活をしていると、覚せい剤のような刺激も欲しくなるのでしょうか。

法律で禁止されてる上に、体にも良くないと分かっているものを、なぜ欲するのかが理解できません。

しかし、その後、反省されて、復帰されているのは、何よりですね。

酒井法子事件後の活動から現在に至るまで

逮捕から1年後、酒井法子さんは、夫と離婚し、親権は酒井法子さんに渡っていました。

判決は、1年6ヶ月、執行猶予3年でした。

逮捕後2010年には、「贖罪」という書籍を出版しています。酒井法子さんの半生や事件のことが書かれています。

さらに、同じ2010年には、介護士・音楽療法士を目指し、創造学園大学に入学しています。2011年には、芸能界に復帰し、キャンペーンのイベントなどに出ています。

2012年には、舞台活動を開始、主演しています。

酒井法子さんは、2021年に入り、芸能活動を再開しています。
6月15日には写真週刊誌FLASHの表紙とグラビアに登場しています。

そして、50歳を堺に、事務所を独立し、ユーチューブチャンネルを
開設しています。

撮影を通じて、酒井法子さんは、このようにエンタメコンテンツを作ることが好きなのだと実感しているそうです。

覚醒剤による逮捕などの波乱はありましたが、芸能人としての輝きは失って無いようですね。

まとめ

のりピーとして活動していた酒井法子さんは、覚醒剤で逮捕されてから芸能活動を辞めていました。

結婚していた夫とは離婚し、その後芸能活動を再開しています。

2021年から事務所から独立し、自ら会社を立ち上げ、YouTubeのチャンネルも開設しています。

ユーチューバーとして、全国各地を訪れ、地元のものを紹介して、地元の人と触れ合っている様子を届けています。

酒井法子さんは、コロナの中でどのように、自分が人の役に立てるのか考えていたそうです。

介護の仕事をしたいと言っていたようですが、大学に入学した後、実際に今は介護の仕事はどうなのでしょうか。

現在の酒井法子さんの姿を見ると、20歳以上の子どもを持つお母さんと思えない美しさです。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました