新庄剛志は対馬出身?知られざる学歴と小中学校時代の運の良さには驚き!

対馬 和多都美神社芸能人のエピソード

日本ハム監督就任で、スポットを浴びている新庄剛志さん。
監督就任のプロフィールでなんと福岡出身だと思われていた新庄剛志さんは、長崎県の離島・対馬の出身だったっんです。

新庄剛志さんの対馬での子供時代は?
小学校・中学校、はどんな子供だったのでしょうか?
そして甲子園と大学進学は?

こちらの記事ではプロ野球阪神タイガース、日本ハムファイターズ、そして大リーグでも活躍した新庄剛志さんの知られざる子供~学生時代のエピソードについて紹介します。

<スポンサーリンク>

新庄剛志は対馬出身だった?

<スポンサーリンク>

対馬 和多都美神社

 

プロ野球選手やメジャーリーガーとして活躍していた新庄剛志さんは、引退後も様々なメディアで取り上げられており、そして日本ハム監督就任にもなり、再び注目されています。

新庄剛志さんといえば
高校は福岡の野球の名門西日本短大付属高等学校なので福岡出身と思われた方も多かったのでは?

しかし、新庄さんの出身地は長崎県の離島、対馬だったんです。

新庄剛志さんは、1972年1月28日に長崎県下県郡美津島町(現対馬市)で生まれました。

対馬は人口およそ3万人の日本の九州の北側に位置する玄界灘になる島です。
韓国と九州のちょうど真ん中あたりにあって、天気のいい夜は韓国の釜山港の街の明かりも見えるそうです。

新庄剛志さんが対馬で生まれたのは、お母さんの実家が対馬だったからです。

長崎県の母親の実家にて誕生した新庄さんの体重は3.68キログラムあったそうです。
ちなみに新生児の平均体重はは2.98キログラムなので大きな赤ちゃんだったんですね。

そして生後10か月で歩きだしたそうです。
このあたりも将来プロ野球の選手になる素質がうかがえるようですね。

新庄剛志さんの家族構成は、お父さん、お母さん、お姉さん、新庄剛志さんと四人家族です。
実は新庄剛志さん自身の実家は、福岡県福岡市南区にあり造園業を営んでいます。

新庄さんは小学校以降を福岡で過ごしました。
https://www.fujitv-view.jp/article/post-236125/

新庄剛志対馬に凱旋

新庄さんは『爆買い☆スター恩返し第4弾 新庄&フワちゃん&東山が挑戦SP』という番組で自身が生まれた対馬を訪れています。

この番組は2泊3日100万円を使いきるミッションの番組で
新庄さんは対馬で以下のことにお金を使います。

  • 対馬の特産品 はちみつ
  • 日本一おいしいという対馬の穴子
  • 対馬名物 石焼き料理
  • 船をチャーターして釣り
  • 高級魚のクエを購入して親戚のおばあちゃんに配る
  • 対馬一番の高級ホテルのスイートルームに宿泊

しかし、東京比べるとすべて格安!
100万円は到底使い切れなかったようです。

新庄さんが対馬で過ごしたのは幼稚園までだったのでしょうか?

詳しいことはわかりませんが小学生以降を福岡で過ごしたとあります。

<スポンサーリンク>

新庄剛志の学歴

新庄さんは小学校から高校までは福岡で過ごしています。

福岡の実家は造園業を営んでいましたが実際には貧しい生活をしていたそうです。

夜ご飯が、卵かけご飯だけという日もあったようです。

そんな新庄剛志さんの、子供の頃はじっとしていられない性格だったようです。これは今も同じかもしれませんね!(笑)

そんな中で新庄さんは6歳の頃から、既に高い運動パフォーマンスを発揮していたそうです。
特に大人よりも遠くへ物を投げていたそうです。

新庄さんのお父さんの夢はプロ野球選手でしたが、その夢はかないませんでした。

モノを遠くまで投げるという野球の素質ともいえる能力は父親の譲りだったんでしょう。

やはり新庄さんといえば天才肌ですので、もともと持っている素質があったということが分かります。

プロ野球選手を目指す人は、多くいるかと思いますが、なれるかどうかは、すでに子供の頃から決まってるのかもしれませんね。

遠投130m超…新庄剛志の爆肩!座ったままエグい球投げてきた。

新庄剛志小学校時代

新庄剛志さんの小学校は、福岡市立長丘小学校です。

福岡市立長丘小学校時代で驚くべきことは8回も交通事故に遭ったそうです。

これは新庄さんのじっとしていられない性格が災いしたのかもしれません。
しかし運動神経が良かったからでしょうか、いずれも大怪我は負わずにすんだというのは幸運としかいえません。

運も味方したのでしょうか、8回も交通事故に遭って何ともなかったのは驚きです。

一歩間違えば新庄剛志はなかったもしれません。

新庄剛志さんは小学校2年生で野球を開始しました。
お父さんとキャッチボールが野球のスタートでした。

そして小学1・2年時には町内のサッカーチームに所属して
小学校3年生からは、ソフトボールを始めています。

サッカーもソフトボール高い身体能力とポジティブさでメキメキと力を発揮していたようです。

プロ野球選手時代の新庄剛志さんは、実力と運そして強いスター性も持ち合わせた選手でした。

その運の良さも小学校の頃から後押ししてくれたかのようです。

新庄剛志中学校時代

新庄剛志さんは中学校の頃も運の良さに助けられています。

新庄さんの通った中学校は福岡市立長丘中学校です。

授業中に左手人差し指を切断寸前の大怪我を負ったそうです。

指の切断寸前といいますから技術の授業だったのでしょうか?

後に、新庄さんはこのケガがもし右手であったなら間違いなくプロへは進めなかったであろうと語っていいます。

これこそ一歩間違えば今の新庄剛志はありません。
小学校時代の8回の交通事故と左手人差し指を切断寸前といい強運の持ち主といえます。

新庄さんは福岡市立長丘中学校では軟式野球部に入部しています。

ここから、彼の本格的な野球選手としての経歴が始まります。

中学では走力、肩力、守備力を兼ね揃えて、一流の中学野球選手として評判を得でいます。

全国大会にも出場していますが、多少天狗になったのでしょうか?

全国大会のメンバーから外れるという挫折も、この頃味わっていたそうです。
これは、監督の意図があって行なったものであり、のちに新庄剛志さんも監督に感謝しているそうです。

新庄剛志 高校時代は甲子園に出たの?

新庄剛志さんの高校は私立校西日本短大付属高等学校です。
新庄剛志さんは、この高校の硬式野球部に入っています。

この高校の硬式野球部は、1992年夏の甲子園大会で優勝するほどの強豪校です。野球以外もバレーボールなどの強豪として全国に名が知られています。

新庄剛志さんは、野球の名門、西日本短大付属高等学校に一般入試で入学し、自ら硬式野球部に入部しています。スカウトや特待生ではありません。

ちなみに高校の偏差値37です。

高校時代の新庄剛志さんは、実力だけでなく、努力もかなりしていたそうです。
プロ野球選手になるために、夜中まで毎日バットを振っていたと当時の監督が話しています。

その結果、新庄剛志さんは、この強豪校の中でエースで四番という絶対的な存在で1989年高校3年生の時には、甲子園福岡県予選の決勝まで進んでいます。

決勝では、サイクルヒットをするなど活躍しますが、惜しくも準優勝。

残念ながら3年間のうちに甲子園に出場することはありませんでした。

<スポンサーリンク>

新庄剛志大学はどこ?偏差値は

新庄さんは当初はプロではなく大学に進学しようと考えていました

高校卒業後に、九州産業大学にスポーツ推薦が決まっていた。

ちなみに九州産業大学の偏差値は、35から50です。

しかし、高校3年生の秋に思わぬことから阪神タイガースから指名がありました。

指名は5位でした。

どちらへ進むか悩んだ新庄剛志さんですが、お父さんから甲子園で野球ができるという話を聞き、阪神タイガースに進むことになりました。

甲子園に出ていなくても、指名をされるというのは、相当実力は知られていた証拠だと思います。

阪神でのスタートは契約金3700万円・年俸360万円金額は推定背番号は「63」
強肩を買われて守備は中堅手

現在ピッチャーで、バッターという二刀流の大谷翔平選手がいます。新庄さんも野村監督のときに一時期投手も兼務できるなどの噂がありました。

ひよっとしたら入団時期からその才能に目をつける監督・コーチがいたら二刀流ができたのではないかと考えてしまいますね。

<スポンサーリンク>

まとめ

プロ野球選手メジャーリーガーと活躍し、バラエティなどでも多く出演していた新庄剛志さん。

日本ハムファイターズの監督にも就任し新しいパリーグの話題になっています。

新庄剛志さんが対馬出身ということは初めて知りましたし、小学校・中学校時代の交通事故やケガはホント運がよかったとしか思えません。

運も味方につけたスター性のある新庄剛志さんが、今後監督としてどのように選手を起用して日本のプロ野球を盛り上げてくれるのか楽しみです。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました