尾上右近家系図が凄い祖父や家族父と兄そして寺島しのぶとの家系は

歌舞伎の清元宗家七代目 清元延寿太夫の次男「尾上右近」さんの人気がすごいですね。

そして驚くべきは「尾上右近」さんの家系図

曽祖父 音羽屋の名優・六代目尾上菊五郎
祖父 昭和の人気スター・鶴田浩二
父親に歌舞伎伴奏音楽「清元」の七代目清元延壽太夫

<スポンサーリンク>

そして寺島しのぶさんとも家系図がつながっています。

そんな「尾上右近」の家系図と家族についてご紹介したいと思います。

清元宗家七代目「尾上右近」とは

<スポンサーリンク>

清元宗家とは
清元(きよもと)とは、三味線音楽のひとつで、浄瑠璃の一種。主として歌舞伎や歌舞伎舞踊の伴奏音楽をいう。
清元は大正時代に分裂、現在、二流派が存在していり。延寿太夫が起こした「宗家」と四世梅吉が起こした『清元流』と区別している。

尾上右近のプロフィール

尾上右近は、歌舞伎役者で立役、女方として曽祖父の六代目尾上菊五郎に憧れて歌舞伎俳優を目指し、当代菊五郎のもと修行を積まれています。

さらに、清元宗家七代目 清元延寿太夫の次男でもあります。

清元(きよもと)とは、三味線音楽のひとつで、浄瑠璃の一種。主として歌舞伎や歌舞伎舞踊の伴奏音楽をいいます。

尾上右近のプロフィールは、次のようになっています。

・名前 尾上 右近(おのえうこん)
・本名 岡村研佑(おかむらけんすけ)
・職業 俳優、歌舞伎役者
・生年月日 1992年5月28日(29歳)
・出身地 東京都
・所属 音羽屋

<スポンサーリンク>

尾上右近「二刀流」の理由

尾上右近「二刀流」といわれていますがいったい何が二刀流なのでしょうか?

尾上右近さんは歌舞伎役者以外に、清元の唄い手をしています。七代目清元延寿太夫を襲名しており唄い手としても活躍しています。

一つの舞台で、歌舞伎役者と唄い手を両方兼務するということもされています。

歌舞伎役者と唄い手という二刀流する理由について、気になったので調べてみました。

尾上右近さんは、「歌舞伎役者と唄い手が両方できること
本当にありがたい。自分の中でずっとやっててきたので違和感はなく、役が一つ増える気持ち。限界を超える挑戦を恐れず続けたい」とチャレンジの気持ちを伝えています。

尾上 右近 祖父は鶴田浩二

尾上右近さんの祖父は鶴田浩二さんです。鶴田浩二さんは大正生まれの日本の俳優、歌手です。 昭和を代表する映画スターの一人として、数多くの映画やドラマに出演しています。さらには歌手としても多くの人気曲を出し有名になっていました。

鶴田浩二さんは若い頃甘いマスクを元に、一躍トップスターに躍り出ました。役者としては、ひたむきに生きる男性の生きざまを演じることが多くありました。
このような尾上右近さんは血を受け継いでおり、人気が出るのも分かります。

ちなみに鶴田浩二さんお次女が尾上右近さんの母親にあたりますので
鶴田浩二さんの三女の女優の鶴田さやかさんは右近さんの叔母さんにあたります。

ちなみに女優の鶴田真由さんとは全くの関係がない赤の他人です。
※鶴田真由さんは鶴田浩二さんの娘ではありません。

<スポンサーリンク>

尾上右近の家族を紹介

尾上右近さんの家族は、歌舞伎一家で、父親、母親、兄、右近さんの四人家族です。

尾上右近さんの父親方の曽祖父は、演劇の神様とも言われた歌舞伎役者6代目尾上菊五郎さんです。そして、尾上右近さんの母親方の祖父は、昭和の映画スターと言われてる鶴田浩二さん。

尾上右近さんの父親は、江戸浄瑠璃清元節宗家の高輪派の家元、七代目清元延寿太夫さんです。尾上右近さんの母親は、鶴田浩二さんの次女です。

このように尾上右近さんの家系は、歌舞伎役者の系統です。
やはり蛙の子は蛙ですね。

尾上右近さんはマザコン?母親はどんな人

尾上右近さんの母親はどんな女性なのでしょう?

ちょっと気になったのが「尾上右近 マザコン」で検索されていることです。
尾上右近さんがマザコンではと言われているのには、以下のような理由があります。

● 毎日出かけるときに母親とハグ
● 毎日行ったことは、母親に報告するのが当たり前
● 彼女は母親に紹介

その他にも、夜、歌舞伎のDVDを見ることがあるみたいですが、必ず母親を誘うようです。

尾上右近さんの母親は、このことに対し、「本当に、めんどくさい。私を解放してください」と言っています。しかし、尾上右近さんは「解放しません」と宣言しているみたいです。(笑)

お母さんは優しい方のようですが、はたから見ると、右近さんがかわいくて仕方ないようですね。

尾上右近さんの父親は岡本清太郎さん

尾上右近さんの父親は岡本清太郎さんという方で江戸浄瑠璃清元節宗家を継いでいます。1958年8月生まれの現在63歳です。

尾上右近さんは、小さいころから父親に稽古をつけてもらい高校生になったころに父を宗家の師と仰いでいました。

人間国宝である父の清元延寿太夫に教えを仰ぎ、身内に甘えることなく芸の道を極めて
きました。尾上右近さんは、このように父親の血筋を受け継ぎ、自らに試練を課す環境をつくり成功への道を切り開いてきたのだと思います。

尾上右近の兄清元斎寿の病気とは

尾上右近 兄清元斎寿さんは2009年「粘液型脂肪肉腫」という恐ろしい病に襲われています現在はどうされているのでしょうか?

尾上右近さんの兄は、1984年生まれの37歳で、16歳に歌舞伎舞台で清元昴洋としてデビューしています。その後、34歳のときに、初代清元斎寿を襲名しています。

兄の昴洋さんは、2009年に「粘液型脂肪肉腫」という恐ろしい病気にかかりました。

下腹部に変化を感じて調べたところ、19センチもある悪性腫瘍が見つかったそうです。

これは、非常に珍しいガンで、若かったため、余命宣告を3カ月とされました。しかし、右近さんのの兄は、この病気を見事に乗り越え、現在は、舞台を頑張っています。

家族で七代目清元栄寿太夫襲名披露

2018年2月26日(月)

右近さんの七代目栄寿太夫を襲名は2018年に行われました。

この時は、清元の浄瑠璃方、延寿太夫が七代目となって30周年を迎えるときで
二男の歌舞伎俳優、右近が七代目栄寿太夫を襲名、

長男で三味線方の清元昂洋が初代清元斎寿を襲名、
延寿會」を開催して襲名披露を行いました。

<スポンサーリンク>

尾上右近と寺島しのぶ家系図の関係は?

尾上右近さんと寺島しのぶさんの家系図を見ると曽祖父がは同じで、お互いに親戚関係 にあります。

尾上右近さんと寺島しのぶさんの曾祖父は、音羽屋の名手と言われた6代目尾上菊五郎さんです。尾上右近さんの家系図を見ると、父親のお母さんつまりおばあさんの父親が尾上菊五郎さんです。

尾上菊五郎さんの本名は寺島秀幸といいます。ここに寺島家の名前の所以がありそうです。

尾上右近さんと寺島しのぶさんは、バラエティ番組で共演しており、二人は学生時代に禁断の恋をしたのはないかという噂もされています。

芸能人の家系というのは、本当にあるのですね。

まとめ

尾上右近さんは、歌舞伎役者と 清元の唄い手の二刀流として舞台で二つの役を担っています。
この二刀流は歌舞伎界でもとても珍しい存在です。

また、上右近さんの祖父は昭和を代表する大スターの鶴田浩二さん、家系は歌舞伎役者で寺島しのぶさんとも親戚関係です。

完璧をほこる右近さんの唯一の弱点と言えばお母さんでしょうか。
バラエティ番組に出るとお母さんとの親密さがよく話題になりマザコンと言われることも。

そんな歌舞伎界のサラブレッドである尾上右近さんの今後の活躍に期待しましょう。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました