風間 トオル貧乏から視力3.0はホント?サーフィンの趣味も実は借り物

風間 トオル貧乏から視力3.0はホント?サーフィンの趣味も実は借り物芸能人のエピソード
<スポンサーリンク>

風間トオルさんの視力は現在も2.0子供の頃は視力3.0もあったそうです。なぜこんなに目が良くなったのでしょうか。その要因は、幼少時代の貧乏生活が関係しているようです。

幼少時代の貧乏生活とは、どんな様子だったのでしょうか。実際の貧乏生活について紹介していきます。

こちらの記事では

  • 風間トオルさんの視力が3.0だったのは貧乏が関係してるかも
  • 貧乏でサーフボードも買えなかった学生時代

など風間トオルさんの少年時代について紹介してゆきます。

 

風間トオル【若い頃】メンズノンノ・モデル時代・モテモテ超イケメンの学歴と結婚
風間トオルさんは、祖父母に育てられ貧乏な生活を送っていました。学歴は、小中高と通ったあとは、専門学校に行っています。 その後、持前のルックスからモデルとしてスカウトを受け、芸能界デビューします。 風間トオルさんは極貧の生活を自らの力...

 

<スポンサーリンク>

風間トオルのプロフィール

風間トオルさんは、1962年神奈川県川崎市生まれの現在58歳。
小学校から高校を川崎にある公立校に通い、その後東京デザイン専門学校へ進学しました。
1986年創刊の雑誌である「メンズノンノ」でノンノ・ボーイフレンドに選ばれその後、モデル~芸能人として活躍しています。

風間トオル:本名 須藤光春(すどうみつはる)
1962年8月19日生まれ
出身地 神奈川県川崎市
身長175㎝
職業は、俳優、タレント、モデル

現在は独身で離婚歴があります。1989年から俳優として活動をしております。事務所は、ホリ・エージェンシーです。公式サイトは、風間トオルオフィシャルサイトがあります。

また、風間トオルさんは俳優として、数多くのドラマや映画に出演しています。
代表作としては
• ドラマ「はみだし刑事情熱系」
• 「科捜研の女」シリーズ
• 93年公開の主演映画「わが愛の譜 滝廉太郎物語」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞

最近のドラマや映画でも活躍しており、俳優として一線で活躍中です。

<スポンサーリンク>

風間トオル子供の頃は貧乏

風間トオルさんといえば子供時代の貧乏エピソードが有名です。家は、とても貧しく、日々の食事にも困るほどでした。

風間トオルさんの家庭が貧乏だったのは幼い頃両親が離婚し、収入の乏しい祖父母が風間トオルさんの面倒をみていたからです。

お腹が空いてカマキリを生で食べたり、雑草を食べたり、河原の石をなめtり、砂や土を食べるなどのエピソードがあります。
ちなみに、本人いわくカマキリの足は、苦いが歯ごたえがあると言っています。

さらに、水は、井戸水を使っており、間違って一度、ナメクジを飲みかけたこともあるといいます。

そんなたくましい子供時代を経験しているため、海外ロケで他のスタッフがみんな食中毒にやられる中、風間トオルだけは平気だったと言います。

両親が離婚 祖父母に育てられた幼少時代

風間トオルさんは、幼少時代に、両親が離婚しています。そのうえ、置き去りにされ、それ以降祖父母に育てられることになります。

祖父は認知症で、祖母は年金の収入しかなかったにもかかわらずパチンコ三昧で

家は、とても貧乏で食事にも困っている状況でした。

電車賃がなくて10駅くらいを歩くことはよくあったようです。川崎から渋谷まで歩くということもあったそうです。

実際に調べてみると往復5時間の距離を歩いていたことになります。

そんな状況ですので、映画を見に行ったときも、歩きすぎて、着いた時には上映時間を過ぎているなんてこともあったそうです。

そのほかにも、貧乏なエピソードとして、家には時計がなく、太陽や月の位置や光の方角で時間を把握していたとのことです。また風呂が無く、洗濯機に入り洗っていたとか。

<スポンサーリンク>

風間トオル視力が3.0ってホント

風間トオルが52歳のころに、トークバラエティ番組に出演し、視力を測ったところ3.0だったと告白しています。

それほど視力がよいのは、子供のころの生活が影響しているとのことでした。

子供のころに、公園で遊んでいると近所の友達は、親が「もう時間だから帰ってきなさい」というのだけれども、風間トオルの場合には、誰も迎えに来ないので、いつまでも星や月を眺めていたそうです。

2時間、3時間、ずっと星や月を眺めていたとのことです。この星や月を眺めている時間が人より長かったことが、視力をよくする原因だったと考えているようです。

遠い星や月を見ていると視力がよくなるというのは、実際にあることかもしれません。

自然の中で育ち・草や虫を食べた幼少期が視力3.0と関係?

そして、幼少時代には、テレビや本も読めず自然の中で育ったことが視力と関係してるのかもしれません。夜星や月を見続けてい他こと以外に、本やテレビを見ていないというのも大きな要因でしょう。

多くの子供が、家でテレビや本を見ているため視力が衰えるということがあります。

実際に、最近の子供はスマホを見続けているために、視力が悪くなっているというデータがあります。

つまり、幼少期にそのような目が悪くなる原因となるものに触れていなく、かつ視力が良くなる星などを眺めていたのが視力3.0になった要因ではないでしょうか。

高校時代のサーフィンも借り物だったほど貧乏時代

風間トオルは、高校時代にのめりこんだサーフィンも必要な道具は全て友人から借りていたといいます。
川崎北高校に進学した風間トオルは、祖父母に迷惑をかけてはいけないと一人暮らしを始めました。暮らしていた部屋は、とても家賃が安い部屋で、壁の隙間が1㎝もあったとのことです。隙間から隣人が見えていたほどでした。

そして、喫茶店でアルバイトをはじめた風間トオルは、人生で初めてスパゲッティをまかないで食べたといいます。その時に、食べ方を知らなかったためご飯にのせて食べたそうです。

H3:風間トオル貧乏から学んだもの
風間トオルは、貧乏でも愛情豊かな祖母の元に育ったため、グレることもなかったそうです。貧乏の経験から強い精神力と人に対する思いやりを学んだそうです。

情け深い祖母が、カニの行商にきた人のかわいそうな話を聞いて、無いお金を全てカニに使ってしまったということがあったそうです。
これからどうするのだろうと思っていると、近所にカニをあげると、どんどんとお返しがきて、人とのつながりの大切さを知ったそうです。

風間トオル現在までの道のり

雑誌モデルから芸能界での活躍
1986年創刊の雑誌である「メンズノンノ」でノンノ・ボーイフレンド 以降モデル
1989年 ハートに火をつけてに出演
1990年 世界で市場君が好き出演
1994年 レベル7出演
1996年ー2004年 はみだし刑事情熱系シリーズ 出演
2007年‐2011年 水戸黄門出演
2011年‐ 科捜研の女シリーズ出演

まとめ

幼少時代に貧乏だった経験をばねにして、力強く芸能界で活躍する風間トオル。これまでも、映画やドラマ、モデルとして活躍していますが、今後の活躍も期待できます。

またバラエティ番組などでは、今回書いたようなエピソードが本人から聞けるかもしれません。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました