未分類

「#黄ぶな運動」って何?栃木県宇都宮市の昔話で新型コロナ終息「黄ぶなちゃんがカワイイ」

栃木県宇都宮市で早期終息願い「#黄ぶな運動」

「#黄ぶな運動」って何?

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、宇都宮市では疫病から人々を救ったという言い伝えがある黄色いフナにあやかって「#黄ぶな運動」と名付けて早期の終息を願う取り組みが広がっています。

「黄ぶなちゃんがカワイイ」と人気

栃木の郷土玩具、黄ぶな

<スポンサーリンク>

「#黄ぶな運動」

宇都宮市では江戸時代に天然痘が流行した際、川で釣り上げられた黄色いフナを食べたところ病気が治ったという言い伝えがあり、黄色いフナは無病息災を願う郷土玩具になっています。

<スポンサーリンク>

「#黄ぶな運動」で新型コロナウイルスの早期終息を

アマビエ人気に端を発した、伝説や昔話から人々の願いを祈りにかえて

「#黄ぶな運動」と名付けた取り組みは、地元の経営者が新型コロナウイルスの早期終息を願って先月中旬からツイッターやインスタグラムで始めました。
苦しい経営が続く商店の人たちの団結や感染予防のための手洗いやせきエチケットの徹底などを呼びかけています。

呼びかけに賛同して宇都宮市内では「黄ぶな」の玩具を店頭に掲げる店や折り紙で作った「黄ぶな」のお守りを配る店が増えているということです。
「#黄ぶな運動」を始めたお茶の販売店の経営者関口慶介さんは、「みんな一緒に願いながら感染終息に向けて頑張っていきたい」と話していました。

ランチ!駅弁・松廼家のきざみ岩下の新生姜/きぶなカレー

「黄ぶなちゃんがカワイイ」と人気

かわいい黄ぶなちゃん

羊毛フェルトの黄ぶな

黄ぶなTシャツも登場

<スポンサーリンク>