未分類

木村拓哉ドラマ『BG 身辺警護人』現場に「2000枚のマスクを差し入れ」に批判はおかしいよ

木村拓哉がドラマ現場に「2000枚のマスクを差し入れ」で疑問と批判が大噴出とのことですが、
いかに集めたかは別にして
他人を気遣うべきところには称賛すべきでは?

番組は『BG 身辺警護人(2020年版)』

特に入手できないマスクは、仮に大量に持っていても自分だけ、もしくは親しい共演者にしか渡さないというのが普通では?

番組や撮影スタッフ、そしてエキストラまでに気をつかっている行動。

番組は多くの人達で成り立っているのがこの記事からわかります。特に通行人である一人ひとりのエキストラがあってのドラマなんです。

木村拓哉さんは、マスクの調達はどうしたかはわかりませんが、多くの番組が撮影延期になりつつある今、なんとしても感染拡大を阻止したいとの思いでやったことだと思いますよ。

ドラマ『BG 身辺警護人(2020年版)』原作・ネタバレ・あらすじ・結末・キャスト・視聴率

<スポンサーリンク>

撮影現場では大量のマスクが必要という認識

こちらの引用記事をみると撮影現場はホント大変。マスクの着脱が50回も行われる現場

当然、エキストラの方は一般の方なのでマスクを自己調達は難しい状況ですよね。本当は制作側がなんとかしないといけないのでしょうが、しれも出来なかった?

いや、やろうとしてなかったのかも?

すでに撮影は始まっていて、3月上旬には千葉県内のホテルで約50人のエキストラを集めてロケが行われた。

「エキストラや撮影スタッフは、常にマスク着用が義務づけられていて、持っていない人には現場へ入る前にスタッフから手渡されたほどの警戒ぶりです。体温検査もあって、37.3度以上ある人は強制退去させられました」(制作会社関係者)

とはいえ、ドラマに映るエキストラが全員マスクをしていたら明らかに不自然なため、本番中はマスクをはずさなければならない。

「撮影が始まるときはスタッフが“マスクをはずしてください!”。終わると今度は“カット! みなさん、またマスクを着用してください”と叫んでいました。合計で50回以上はこれが繰り返されたでしょうかね

<スポンサーリンク>

木村拓哉ドラマ現場に「2000枚のマスクを差し入れ」に批判はおかしい!

もし、自分がなんらかの理由で、大量のマスクを持っていたとすればどうしますか?

2000枚も無料で配れるでしょうか?

調達経路が重要だということはわかります。

木村拓哉さんの場合、以前にネットオークションで大量に購入したかもしれません、それは自分のためではなく撮影やスタッフ、エキストラのためです。

お金はかかったと思いますが、、、

闇ルートで仕入れているならこんな2000枚も無料配布はできないはずではないでしょうかね。

 

<スポンサーリンク>