未分類

東京都で都市封鎖の場合、ロックダウンいつまで続くのか?

もし、東京でロックダウンが起きたとき
ロックダウンはいつまで続くのか?

また我々の生活にはどのような影響が起きるのだろか?

東京都で都市封鎖(ロックダウン)予断を許さない状況

小池知事が23日に記者会見したように、事態によっては東京都のロックダウンが考えられます。

23日の発言から

事態の今後の推移によりましては、ロックダウンなど、強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性があります。

“ロックダウン”とは、公共機関や学校、お店などを閉鎖し、国民の行動を制限する「都市封鎖」のこと。イタリアやフランス、アメリカの都市などですでに実施され、大都市から人が消える事態となっている。さらに小池都知事は会見で、若者たちに向けて「危機意識を共有してほしい」と訴えた。

また、30日には緊急速報として日本医師会側より、緊急事態宣言の要請が行われました。

【速報】感染拡大なら「医療崩壊に」 日本医師会が“危機感”
日本医師会は、都内で、新型コロナウイルスの感染者が100人に近づくならば「緊急事態宣言を出すべき」との見解を発表した。
日本医師会は、現在の新型コロナウイルスの感染状況などについて、「感染の拡大を食い止めなければ、医療崩壊につながりかねない」などと、危機感を示した。
そのうえで、30日からの3日間で、都内の感染者数が100人に近づく場合、「緊急事態宣言を出して対処すべき」との見解を発表した。

この状態でいつ、国・安倍首相が動くかですね。

緊急事態宣言を出せば、国からの要請として東京都の都市封鎖(ロックダウン)も行われる可能性が大変強まっています。

一方では菅官房長官の30日の発言もあります。

緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない=菅官房長官

[東京 30日 ロイター] – 菅義偉官房長官は30日午後の会見で、政府が緊急事態宣言を4月1日に宣言するとのうわさがネット上で広く流布されていることに対し、そのような「事実はない」と明確に否定した。

また、安倍晋三首相が世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と30日夕方に電話会談する方向で最終調整していると説明したが、「緊急事態宣言とは全く関係ない」と説明した

ただこのような状況下においても我々は、万が一でもロックダウンが起きたらどうするのかということを考えておく必要はあります。
全てを国や他人任せにするほど危ういことはありません。

<スポンサーリンク>

都市封鎖(ロックダウン)は何のためのやるのかの理解を

まず、理解しなければならないのが都市封鎖(ロックダウン)は最終手段だということです。つまりワクチンや特効薬のない新型コロナウィルスの拡大防止策はコレしかありえないということなんです。

都市封鎖(ロックダウン)は政治家が発令しますが、それは政治的な意図がありものではなくその後ろには医療をはじめとした専門家の判断で決めるということをちゃんと理解して置かなければなりません。

あくまでも政治家の発令は緊急事態における混乱を防ぐためです。

そういった意味では小池さんの発言より、日本医師会からの緊急事態宣言の要請のほうが現状をより明確にあらわしているのではないでしょうか?

都市封鎖(ロックダウン)が起きた場合我々は一丸となって協力しあい、この危機的状況を早く終結さなければなりません。

なので、ここで賛成、反対と言う場ではないのです。事を遅らせるのは何のメリットもありません、緊急事態なのですから。

それでは、都市封鎖(ロックダウン)による我々の生活にどのようなことが起こるのか?またロックダウンはいつまで続くのか?

<スポンサーリンク>

都市封鎖(ロックダウン)によって我々の生活はどうなるのか?

すでにロックダウンが行われている欧州の例をみると我々の身に何が起こるのかが見えて来ます。対岸の火事とは思わず、中国、イタリア、イギリス、スペイン、などの欧州や米国など猛烈な勢いで新型コロナウィルスが蔓延している状況を見てみる必要があります。

これらで一番怖いのが医療崩壊です。

重症患者の受け入れ先や人工心肺装置の不足、医師や看護師の不足などが深刻な状況で欧州やアメリカを直撃しています。

まさに医療崩壊と言われる所以です。

一党独裁ともいえる中国では政治的な力で武漢をロックダウンし一旦危機的な状況からは脱しています。このときのノイウハウは活かせるのでしょうが共産党一党としう政治判断の速さがなせる技もあって西側の諸国ではそうはゆかないのが実情でしょう。

しかし我々はこの医療位崩壊だけは起こさないよう節度ある行動を各人がとらなければなりません。

若年層の意識と行動を変える

欧米や韓国では若年の行動が自粛されなかっっために大きな感染爆発を生んでいます。日本でも2月29日と3月1日に東京事変が大規模なライブを行っていますが、この事態をまともに考えるのであればライブをやったことは明らかに間違いです。

相手は見えない敵、ウィルスです。

東京事変のライブでは感染者は出ていないといっていますが、5000人も集めたライブであれば少なくとも参加者の中から、感染拡大なにかのトリガーになっている可能性は十分にあると考えて良いと思います。

実際に、感染者が8000人を超えた韓国では、感染者のおよそ30%が20代の若者で、年代別でみると最も多くなっているという。社会活動が活発で感染する機会が多いと見られており、政府は注意を呼びかけている。もし、東京が“ロックダウン”された場合、何が起こるのだろうか?「直撃LIVEグッディ!」のスタジオで解説した。

生活必需品はどうなるのか?

東京がロックダウンしても地方は動いています。備蓄できるものの大量買いは発生する可能性もありますが、生活必需品が全てなくなるということはありえません。

通関手続きが遅れているものももありますが、中国の工場も徐々に稼働が増えてきています。なので、不安を煽った売りや、デマ情報には乗らないようにしましょう。

日本もこの機会に首都機能の分散を検討すべきなのかもしれまてません。

東京がロックダウンしたらいつまで続くのか

おそらく、東京がロッククダウンしたとき最低2週間そして3週間というウワサもあります。実際としてはどれくらいの期間になるのはまだ未確定の要素が高いのですが、その間我々は決して焦らず、ちゃんとした意志を持って行動しなければいけんません。

FNN PRIME「首都封鎖いわゆるロックダウン」が東京で実施されるとしたら、どんなことが起きるのか?

 

 

 

<スポンサーリンク>