未分類

女性の貧困の実態 米国の「ピンクカラージョブ」(女性 貧困 720)

女性の貧困の実態 米国の「ピンクカラージョブ」
<スポンサーリンク>

「ピンクカラージョブ」という言葉を聞いたことがありますか?
これはいわゆるホワイトカラーやブルーカラーになぞらえて、アメリカで作られた言葉です。

もともと看護師、保育士、秘書タイピスト事務職など昔から女性が多くを占める職業を指すものがこの「ピンクカラージョブ」です。

現在こういった職業は長時間労働+ハードワークとされる看護師など除けば高給であると言えない仕事が多くなっているのが現状です。

実際にアメリカではこの「ピンクカラージョブ」の人たちが貧困や就労環境の悪化にあえいでいるのが実態です。

特に高年齢になると深刻な貧困や失業状態に陥ってしまいます。

現代の日本で言えば、低収入の貧困女子といわれる層が、この「ピンクカラージョブ」にあたる一般事務や介護職、販売職などにあたるのかもしれません。

<スポンサーリンク>

貧困女子の仕事と年収|女性の職業の低賃金化

(貧困 女子 仕事 50)
(貧困 女子 年収 140)

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、

保育士の平均賃金は全年齢で月に11.3万円

ホームヘルパーは月に11.8万円

販売員が23.7万円理容美容部員が22.8万円

給仕従事者(ウェイター、ウェイトレス)などが21.3万円となっています。

これらは一般的に女性に多い職業で他の職業に比べて賃金は低くなっています。

います。これらの職業に就くということは=高収入は望みにくいということになるのです。

またここ数年、「貧困女子」という言葉をよく耳にします。

なんでも女子、ガールなどつければいいというものではありませんが、明日は我が身少々気になる言葉です。

<スポンサーリンク>

日本の貧困女子とは 40 (貧困女子とは 40)

日本人の働く世代の単身女性の3分の1は貧困であるという調査があります。
(2011年国立社会保障人口問題研究所の分析による)

では、貧困の定義とはいったい年収がいくらなのでしょう。

貧困の定義は所得が普通の人の半分以下に満たないこととあります。

単身者の場合は「年間の手取りが114万円以下会)のことだそうです。

114万を12ヶ月で割れば1ヶ月9.5万円となります。

つまり貧困とはひと月10万円以下で過ごさなければならないのです。

この、独身女性が三分の一が月10万円以下のを占めるというのですから、これが日本の女性のの実態といえます。

<スポンサーリンク>

貧困女子の年収と生活の実態

貧困の定義が年収114万ということですが、

東京都の場合、最低賃金(時給)=869円これでも他県よりは多めの数字となっています。1日7時間働けば約6000円ほどと1ヶ月に20日働けば12万1600円ほどです。

独身女性としては年収に換算すれば約146万円になります。

ここから税金や年金などの社会保障料を引けばまさに手取りは114万円程度になるのではないでしょうか。

この給与では独身女性が築何十年の風呂なしアパートに住み、おしゃれをしたくても新しい服や化粧品も買えず、
食費や光熱費をとことんまで切詰めてパン屋さんでもらったきたパンの耳を頬張るといった悲惨な話も聞こえてきています。

わびしい生活だと言えます。

健康管理なども無視している状態です。

まさに、最近ネットで語られている貧困女子の生活の実態なのです。

稼ぐために早朝出勤や夜勤、ダブルワークやトリプルワークをこなしながらなんとか生活している人は少なくありません。

しかし、すぐに取替えのきくような仕事。

つまり、誰にでもできるようなアルバイトでは人生が非常に厳しい状態に陥ってしまざると言わざると得ないのが実態です。

<スポンサーリンク>