スポーツ

ジェイソン マロニー 井上尚弥の対戦相手の身長や戦績・強さはどんなもの

ジェイソンマロニーの身長

【速報】7R 2:59秒 井上尚弥がジェイソン マロニーをKOで下す。

謎の多いジェイソン マロニーの身長や戦績・強さは?

10月31日(現地時間)ラスベガスで行われるボクシングWBAスーパー・IBF世界バンタム級統一王者

井上尚弥と対戦する相手ジェイソン・マロニーってどんな選手でしょうか?

新型コロナのパンデミックで本来行われるはずだったはずのWBO王者バンタム級王者カシメロ(フィリピン)とのバンタム級の3団体統一戦は未だのに方向が見えていません。

しかし、井上尚弥陣営にとって今後の統一戦を見据えてゆくなかで思わぬ伏兵が現れた感じです。

いったいこのジェイソン・マロニーってどんな選手なのでしょう。

井上尚弥VSジェイソン・モロニー無料の地上波生中継テレビ放送はいつ?何時・ネットでの放送と試合の行方は?ラスベガスで行われるボクシングWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ チャンピオン井上尚弥vsジェイソン・モロニー戦 ...
<スポンサーリンク>

ジェイソン・マロニーのプロフィール

日本の誇る最強のバンタム級ボクサー井上尚弥に挑戦するのはJason Moloney(ジェイソン・マロニー)読みはマロニーよりモロニーが近いかもしれません。

ジェイソン・マロニー選手はと
1991年1月10日生まれで年齢29歳

出身はオーストラリアです。

マロニーは双子で兄のほうになります。

弟もボクサーでアンドリューモロニーといってWBAスーパーフライ級のチャンピオンです。

双子で弟もプロボクサーで世界チャピオンとなるとどうやらDNA面でも先天的な才能の持ち主といえそうです。

ダブル世界王者狙うモロニー兄弟

井上尚弥VSジェイソン・モロニーの試合を予想
【速報】試合結果 井上尚弥VSジェイソン・マロニー【ドネア戦の悪夢の再来?】ネットや海外の反応は【速報】試合結果 井上尚弥VSジェイソン・マロニー 11月1日(日本時間) 7R 井上尚弥KO勝ち ---------...

アマチュア時代は兄弟で豪州のランキングを持っていたそうなのでオーストラリアではちょっとした有名人のようで井上尚弥選手との一戦は地元でも大いに期待されています。

ランキング

ボクシングスタイル

ハンドスピードが速いといわれているマロニーのボクシングスタイルは強打のロドリゲス戦でも相手を圧倒しました。

ひよっとするとマロニーはカシメロより強いのか?

<スポンサーリンク>

ジェイソン・マロニー身長やリーチ井上尚弥と比べると

身長
ジェイソン・マロニー168㎝
井上尚弥      165cm

リーチ
ジェイソン・マロニー170㎝
井上尚弥      171cm

井上選手の165cmより3cm高いマロニーですが
リーチはほぼ同じなので井上尚弥も苦にはならないでしょう。

<スポンサーリンク>

ジェイソン・マロニーの戦績

2014年プロに転向してから

17連勝を続け(14KO)

18戦目のWBSSでロドリゲスに12R僅差の判定負けを喫するもその後4連勝(4KO)

通算成績22戦21勝 17KO 1敗

ジェイソン・マロニー ロドリゲスに一敗したのみ。しかも僅差の判定ですのでなかなか侮れない相手です。

ジェイソン・マロニー強さは?

さて、日本ではあまり知られていないこのジェイソン・マロニーどれくらい強いのか?

ジェイソン・マロニー「メイヘム(破壊行為)」というニックネームが不気味です。

しかし、本人によると「メイヘム(破壊行為)」というのは

自宅を散らかすマロニーの幼い娘の行為につけられたキャッチフレーズで、本人は滑らかな男との異名を持つそうです。

しかし井上戦を前に自らのリングネームに「メイヘム(破壊行為)」を持ってきたのだそうです。

このあたりは緊張の一戦を前に少し微笑ましい感があります。

ジェイソン・マロニーが語る井上戦

WBSS決勝戦で下馬評を覆し井上を苦しめたノニト・ドネア(フィリピン)の戦いぶりを参考にマロニーは研究し尽くしているようです。

この試合こそまさに全勝を誇る井上尚弥が危ないと試合中に何度も危惧された試合でした。

右眼窩(がんか)底と鼻の右下の2か所を骨折する重傷ながらも判定で勝ったのは流石です。

しかし、ドネアから痛烈なパンチを顔面に何発ももらった井上は相当大きなダメージを受けました。

ドネアが井上の目の骨折に気がついて見えない右目側に回り込んでラッシュをかけていれば負けていたかもという試合でした。

マロニーが語るに「井上といえども人間。ダメージも受ける。オレは倒せる実力があると信じているし、証明するチャンスなんだ」と

また、ロマチェンコ対ロペスの世紀の番狂わせ戦を直に観て

「もう1つの大きな番狂わせと新王者は2週間後にやってくる!」とまで言っています。

自宅を散らかす娘の行為「メイヘム(破壊行為)」をニックネームにする、とらえてどころのない不気味な存在だけど実力のある男

ジェイソン・マロニーバンタム級のダークホース的な存在だと言えます。

<スポンサーリンク>