未分類

スーパーのポリ袋(レジ袋)を上手く開く方法】指をなめたり、濡らしたおしぼりを使わずにできるコツ

スーパーのポリ袋・レジ袋がうまく開けられてなくて困った経験、ありませんか?

特に最近は新型コロナの感染リスクが高いですからね。

指をなめたり、多くの人が使ったおしぼりを利用するのは抵抗があるでしょう。

そこで今回は、スーパーのポリ袋(レジ袋)が開かないときの対処法についてご紹介します。

<スポンサーリンク>

スーパーのレジで困った!ポリ袋(レジ袋)開かない

スーパーのレジでポリ袋(レジ袋)が開かないと焦るものです。

今は新型コロナの影響により、消毒液の利用や手洗いの回数が増えているため、普段以上に指先がガサガサしやすいと言えます。

しかし、スーパーのポリ袋やレジ袋が開かない主な原因は「静電気」です。

この静電気を防止するには、やはり指先を湿らすのが一番なのですが…。
それこそ新型コロナ感染のことを考えると、不用意に指をなめたり塗れおしぼりを使ったりはできないので困りますよね。

<スポンサーリンク>

スーパーのポリ袋(レジ袋)上手に開くコツ

果たして指をなめる・おしぼりを使う以外で、スーパーのポリ袋(レジ袋)を開ける方法はあるのでしょうか?

そこでここでは、スーパーのポリ袋(レジ袋)を上手に開くコツをご紹介します!

お肉やお魚のパックを活用する

スーパーに行くと無料で置かれている小分け用のポリ袋、便利ですよね。

このポリ袋が開かないときは、購入したお肉・お魚のパックを利用してみましょう。

まず、ポリ袋をお肉orお魚のパックの上に乗せます。
そしてポリ袋を優しく押さえつけたまま、指先でスッとスライドさせてください。

これだけで、なかなか開かない頑固なポリ袋がスムーズに開けられます!

指が乾燥しているときはもちろん、手袋をつけた状態でもOKなのでオススメです。

お肉やお魚を買ったときはぜひ試してみてくださいね。

とりあえず引っ張ってみる

そもそもポリ袋って、柔らかい素材でできていますよね。
そのためちょっと強めに引っ張るだけで、案外簡単に開いちゃうこともあるのです。

「柔らかいからこそ強く引っ張れない…」「破れたらどうしよう?」と思う人もいるでしょう。
しかしあくまで「ちょっと強め」程度ですから、心配いりません。
力任せに思いっきりやろうとしなければ大丈夫なので、ポリ袋がなかなか開かないときはとりあえず引っ張ってみるのもひとつです。

内側の「三角」をつまみ出す

ポリ袋と同様、レジ袋も引っ張ってみることで簡単に開くことがあります。

まず持ち手部分と中央部分を掴み、左右に引っ張りましょう。
すると内側に隠れていた部分が出てくるので、あとはその部分をつまめばOKです。
ちょうど三角の形をしているため、見ればすぐに「この部分だな」とわかります。

困ったときは袋を引っ張り、三角部分をつまみ出してみてくださいね。

水滴のついた購入品も利用する

ポリ袋・レジ袋が開かないときは、水滴のついた購入品を利用するのも手です。

例えば牛乳・ビール・アイスなど、冷たいものには大抵水滴がついているでしょう。

これらの商品に付着した水滴を活用すれば、指をなめたりおしぼりを使ったりしなくても、指先を湿らせることが可能です。

袋が開かず、かつ上記のような冷たい商品を購入した場合は、こうした方法を試してみるのも有効ですね。

ハンドクリームを塗っておく

ポリ袋・レジ袋をスムーズに開けたいのなら、事前にハンドクリームを塗っておくこともひとつです。

ハンドクリームを塗って手全体を潤わせておけば、比較的スムーズにポリ袋・レジ袋を開けることができるでしょう。

普段ハンドクリームを塗る習慣がない人も、これを機にハンドクリームを常備して、常に保湿を心掛けてみてはいかがでしょうか?

まとめ

「スーパーのポリ袋が開かない!」

「店先でレジ袋が開かないと焦ってしまう…」

今回は、そんな厄介なポリ袋・レジ袋を上手く開く方法についてまとめてみました。

指をなめる・おしぼりを使うといったよくある方法を用いらなくても、コツさえつかめばポリ袋(レジ袋)を開けることは意外と簡単にできちゃいます。

スーパーのポリ袋・レジ袋が開けられず四苦八苦しがちな人は、ぜひ今回ご紹介した対処法・コツを実践してみてくださいね。

<スポンサーリンク>