未分類

「マスク」で「メガネ」ずれる・メガネが曇るときの対処法は?

メガネ愛用者の皆さん、マスクをつけるとメガネがずれる・曇ることはありませんか?

カゼ気味orカゼ予防、はたまた花粉症の際などもマスクを着用するものですが、メガネがずれたり曇ったりするとつけるのをためらってしまいますよね。

特に今は新型コロナが流行っているので、「マスク必須!でもメガネが…」と悩む方が非常に多いでしょう。

そこで今回は、マスクでメガネがずれる・曇るときの対処法をご紹介します。

「マスク 暑くない方法」マスクの暑さ対策・蒸れ対策【熱中症にも注意】真冬の2月に本格化した新型コロナ感染の拡大ですがゴールデンウィーク、5月にはいるとい真夏日の日も 感染防止拡大のためのマスクですが、蒸...
<スポンサーリンク>

マスクでメガネずれる時の対処法は

マスクをしている時にメガネがずれると、うっとうしくて困りますよね。

そこでここでは、マスクでメガネがずれる時の対処法についてまとめてみます。

メガネの汚れを取る

マスクをしていてメガネがずれる時は、メガネを綺麗に拭いて汚れを取ってみましょう。

なぜなら皮脂などの汚れがメガネに付着していると、その汚れが原因で滑りやすく(ずれやすく)なってしまうからです。

また女性の場合だと、皮脂の他に化粧で滑ってしまうこともありますね。

特に鼻当ての部分などは汚れがつきやすいので、こまめに拭いて綺麗な状態を保ちましょう。

メガネの大きさを調整する

メガネの大きさが合っていないことも、メガネのずれの原因になります。

特に長年使っていると、知らぬ間に幅が広がって歪んだり、ネジが緩まったりしますからね。

もはやマスクをつけていない時でもずれてくる状態…と言えるでしょう。

改めてメガネの大きさ・状態を確認し、もし自分に合っていないと感じたら、メガネ屋さんで調整するor新たに買うことをオススメします。

メガネがずれないアイテムを活用する

マスクでメガネがずれて困ったら、メガネずり落ち防止アイテムを使ってみることもひとつです。

代表的なアイテムといえば「ピタリング」でしょう。

小さなリング形のゴムを、メガネのツル部分に通して使うだけなので、とてもお手軽です。

ただ同じアイテムでもメーカーによって合う・合わないがあるため、事前に口コミなどを参考にしつつ買うことをオススメします。

今日の小池知事のマスクに穴?「ブラ」みたいおしゃれレース刺しゅう柄おしゃれなマスクが話題の東京都小池都知事 5月1日の会見 やはり5月ともなると暑くなってきますね。 マスクしてると蒸れちゃ...
<スポンサーリンク>

マスクをしていてもメガネが曇らない方法

さて、次に気になるのがメガネの曇りです。

マスクをしていてもメガネが曇らないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

マスクの上部を折る

マスクによってメガネが曇る時は、マスクの上部を内側に折り込んでみましょう。

上部を折ることで、吐息の漏れが抑えられメガネが曇りにくくなります。

内側ではなく外側に折り込む方法でも問題ありませんが、自然な見栄えを目指すならやはり内側折りの方がオススメです。

曇り止め加工がされたマスクを利用する

マスクによるメガネの曇りを手軽に防ぎたい場合は、曇り止め加工済みのマスクを利用してみるのもいいでしょう。

鼻の部分にあらかじめクッションが詰められているので、「自分で加工・細工をするのはどうも苦手…」という人に最適です。

男性用・女性用など、様々なタイプの曇り止めマスクが販売されているので、気になる人は試しに購入してみてはいかがでしょうか。

ティッシュを詰める

身近にあるものを利用してメガネの曇りを防止したいなら、「ティッシュ」がオススメです。

マスクの内側にティッシュを詰めておけば、口とマスクの間の隙間が閉じられるため、自然と吐息が漏れにくくなります。

やはりマスクの隙間から放たれる吐息の漏れが元凶ですからね…。(笑)

ティッシュを湿らせておくと保湿効果も期待できるので、乾燥気味の人にもピッタリです。

メガネしてマスクしても曇らない方法。【マスクして仕事する人のために】新型コロナ肺炎の感染防止から外出時や会社でもマスクをして仕事をする人が増えています。 マスクをすると困ることに、「蒸れる」「眼鏡を...

まとめ

マスクでメガネがずれたり曇ったりすると、気になって仕方ないですよね。

特に仕事をしている時など、真剣に何かに取り組んでいる最中だと大変です。
メガネのずれ・曇りのせいで、作業に対する集中力が落ちてしまうでしょう。

だからといって今の時期、マスクは手放せません。
「ずれるし曇るから」と安易に外すこともできないので、事前にきちんとずれ・曇りの予防策をとる必要があります。

今回ご紹介した対処法を参考に、マスクをしていてもメガネがずれない・曇らない、そんな快適な生活を目指しましょう。

<スポンサーリンク>