未分類

世良公則さんがSNSで甘利議員と蓮舫を批判!「脅迫に負けない」そこには音楽業界の危機を訴える姿が

世良公則がSNSで甘利議員と蓮舫を批判!

甘利議員へのコメント批判で脅迫ともとれる文面で抗議を受けていた「今後このような事があれば法的対応も考えさせて頂きます」と

そのウラには音楽業界の危機を訴える姿が

京都大学藤井教授が言われた「教養とは幼い頃より経験を積み重ね相手を慮る:おもんばかる事の出来る事。試験で良い点数をとれる事、物知りとは異なる。今の政府の中枢を支える側近、官僚達にはその教養が欠如している」国会中継を観ているとそれが良く理解できる

という前置きで累計自殺者数の増加量を予測したデータから
甘利議員「神経が理解できない」 蓮舫氏も「お国のために…ではない」

<スポンサーリンク>

世良公則がSNSで甘利議員と蓮舫を批判!

国会中継を観ていると
確かに国会のための国会であり
国民のためというのはなんか形ばかりに見えてしまう。

蓮舫氏にも周囲唖然
国会って何の場なの?!

過去の動画ですが

甘利大臣が辞意表明 “疑惑”説明会見ノーカット5(16/01/28)

令和2年4月29日 参議院予算委員会②–蓮舫議員

<スポンサーリンク>

自民党員から脅迫ともとれる文面で抗議が

このSNSに対して脅迫ともとれる文面で抗議がなされたとの情報です。

ロック歌手の世良公則が30日、自身のツイッターを更新し、ツイッターへの書き込みを巡り脅迫とも取れる抗議を受けたことを明かした。

世良は、29日に自民党の甘利明衆院議員の「東日本大震災しかり、危機の時こそ日本人は世界の尊敬を集めました。要請だけで接触をここまで減らせる日本って、やっぱり凄いですね。あと一息です。ゴールデンウィークをステイホームで『さすがニッポン!』って、もう一度世界に言わせませんか」とのツイートをリツイートし「政府の援助無しでここまで弱りきっていても『今は我慢する時』と自分に言い聞かせ努力するのが日本人。そんな国民に政府は『はいはい。良くできました。もう少しです。頑張りましょう』と言える神経が理解できない」とつづった。

このツイートを巡り世良は「事務所宛のメールにて自民党員を名乗る人物から甘利議員のコメント批判をするなと脅迫ともとれる文面で抗議がございました。今後このような事があれば法的対応も考えさせて頂きます」とつづった。

さらに、その後のツイートで「皆様からの沢山の応援、アドバイスありがとうございます。送信者が自民党員を名乗っており現在確証はありません。私は特定の党を支持しておりません。以前より自民党で賛同できる議員の主張は応援しております。そして与党議員にはこの猶予の無い国難を迅速に救って頂きたいと強く望んでおります」と明かしていた。
Yohooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-04300047-sph-ent

世良公則が議員批判のウラには音楽業界の危機を訴える姿が

音楽業界は一斉に公演を延期中止
イベントもなくなりライブハウス等の閉鎖も相次ぐ中での危機感

今は我慢のとき

<スポンサーリンク>